「江戸の櫛には江戸の柄を!」唐桟縞のとかし櫛ケースを復活!

『縞は江戸の粋‼︎』
単純でさっぱりしていて華やかさには欠けるけど、きっぷの良さを感じさせる唐桟縞。

初代の頃より「よのや」の櫛ケースは唐桟縞でした。平成の世になり職人不足、唐桟織の生産量の減少から製作困難に…
やむなく、京縮緬の華やかで可愛らしいケースを店頭に並べることになりました。

しかしながら、「江戸の櫛には江戸の柄を!」
毎日使う櫛だから飽きの来ない縞柄のケースに入れて持ち歩いてもらいたい。
『どうにか復活させたい‼️』
この度、約30年ぶりにこの想いをカタチにすることができました。

本日、4月1日より店頭にて販売を始めました。
まだまだ数に限りはございますが、お色は5種類ご用意しております。
「よのや」オリジナルの唐桟縞のとかし櫛ケース
是非いかがでしょうか☺️

 

 

 

 

  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。