よのやの店頭での会話から・・・

よのやの店頭でよく聞く、お客様の会話の中から気付かされる事。
「よのやさんの旦那さんから櫛を分けて頂いて今でも愛用させて頂いていますよ!」
とか、
「女将さんに選んで頂いた簪は今では孫が使っています。」
という会話。
お客様は自分で決めて選んで購入したんだから今の世の中「分けて頂いた」とか「選んで頂いた」だなんて言う人も少ないでしょうね。
でも、ここにはお客様とよのや櫛舗との間に心が通っている。何十年経っても使い勝手が良く、愛着を持って下さっている。生活の一部になっていて無くてはならない必需品である。
だからこそ何十年経っても「櫛を分けて頂いた」「簪を選んで頂いた」と言って足を運んで下さるんだなあと。
時代はどんなに変わってもこういう風でありたいなぁと思う今日この頃。
引き続きメールや電話でもご注文お受けしております。
お客様と作り手との間に心が通うメール注文&電話注文を引き続き目指していきたいと思っています。
  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。